カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. お墓
  3. 令和時代の「お墓」とは

令和時代の「お墓」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓というと、お寺の境内にある、縦長の石柱が並んでいるものがまず頭に浮かびますが、 「人を葬るところ」という意味においては、最近のお墓はバリエーションが豊富です。 今回は、そんな最近のお墓の種類についてご紹介します。

 

 

 

 

一般墓

「お墓」と聞くとイラストのようなものが、まず思い出されます。こういった地面の上に基礎を作り、外柵を設け石塔を建てるタイプのお墓を「一般墓」といいます。 しかし、一般墓の中でも、縦長のものはすでに少数派。現在では海外の墓地にみられるような横長の「洋型」の墓石が主流です。一般墓の多くは、屋外に設置されますが、少ないながらも建物内にお墓を建てる区画を設けている墓地もあります。 一般墓は「お墓はやっぱり青空の下」との思う方はやはり多く、根強い人気です。また、比較的納骨室(カロート)に余裕があるので、家族で入れるお墓が欲しいという方に選ばれています。 近年ではより安いお墓を求めるニーズが高まっていることから、区画を小さくする傾向があるので、墓石もそれに比例して小さくなってきています。

 

 

永代供養墓

経営主体が収められた仏様の供養を永代に亘り執り行うことを約束したお墓です。屋外に設置された大型の納骨室の上にモニュメントが設置されていて、納骨室が区切られておらず(一つの納骨室に他の人の遺骨と一緒に納められる)、納骨期間が定められており、それを過ぎると合祀墓に遺骨が移されるものがよく見られます。大型霊園の商品構成の一環として用意されることが増えてきました。個人で申し込むことができて、管理費がかからないことから、身寄りのない方や、お子様のいないご夫婦など、お墓の後継ぎがいない方に多く選ばれています。

 

 

納骨堂

納骨する場所が建物の中にあるのが納骨堂です。骨壺を置く棚が設けられているものもあれば、ロッカー型の箱に骨壺ごと納骨するもの、納骨室に他の骨壺とともに納骨されるもの、また骨壺を納めた厨子(箱)が、参拝口に自動的に運ばれてきて遺骨の前でお参りができる自動搬送式納骨堂など、一口に納骨堂といってもさまざまな形態のものがあります。

室内でお参りができるので、天候に左右されずお参りできることや、外墓地のように掃除や草むしりの手間がいらないのもメリットの一つです。

 

 

樹木葬

名前がいかにも自然に還れそうな印象を受けることから、希望者の多い埋葬方法です。 樹木葬の一番の特徴は、遺骨のそばにシンボルとしての樹木があることです。樹木の近くに遺骨が土に触れるように埋葬するタイプから、樹木のそばに設けたカロートに遺骨を合祀するタイプ、専用の納骨室に夫婦や家族で入れるタイプなど、埋葬方法や形状はさまざまです。

今回紹介したものは一例であり、全てがここに書かれている通りではありません。お客様のニーズに合わせた形態のお墓が常に各地に誕生しており、バリエーションは増える一方です。 それゆえ、理想のお墓探しには、情報収集が欠かせません。まずはインターネットで検索をして、気になるところがあったら、まずは資料を取り寄せたり、実際に足を運んだりして、そこが自分の希望に合致するか確認してみてください。

関連キーワード

特集

特集

墓じまいとは

墓じまいとは、これまでに利用していた墓地から遺骨を取り出し、墓石や外柵を撤去して更地に戻し、墓地管理者に返還することを言います。

ニュース

最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

最新記事

イベント情報

セミナー

09月10日(火)開催