カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. お墓
  3. 終活
  4. 「普通のお墓より安い」と話題!樹木葬のメリット・デメリット

「普通のお墓より安い」と話題!樹木葬のメリット・デメリット

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、樹木葬が多くの方の注目を集めています。以前は「死んだら自然に還りたい」と思う方に選ばれていたのですが、「後継ぎがいないから」「宗教色のない埋葬方法にしてほしい」といった、時代を反映する要望が増えてきた中で、選択する人が増えてきています。

この記事では、樹木葬にはどのような種類があるのか、をはじめそのメリット・デメリットと樹木葬選びのポイントをご紹介いたします。

樹木葬の種類

一口に樹木葬といってもいろいろなタイプがあります。.jpg

一口に樹木葬といっても、厳密な規定があるわけではありません。

すべての樹木葬に共通しているのは、埋葬されている場所のそばに墓標やシンボルとして樹木があるということ。それゆえ、現在では「これも樹木葬なのか」と思うほどバリエーションが豊富です。ここでは、樹木葬の中でも多くみられるものをご紹介いたします。

里山タイプ
山林の一角を霊園として登録し、そこに埋葬するタイプの樹木葬。一般的な霊園のような自然に還りたいとの思いから樹木葬を考えている人に最適。寺が所有する山林の一角を樹木葬用区域にしているところが多い。
合祀タイプ
シンボルの樹木のそばに納骨室(カロート)を設置し、そこへ骨壺から遺骨を取り出して納める。費用は安い傾向にあるが、他の遺骨と一緒に納めているため、遺骨を取り出すことはできない。
個別埋葬タイプ
シンボルの樹木のそばに納骨室(カロート)を設置し、骨壺のまま納める。一定期間骨壺に納めたまま納骨した後は、合祀されるところが多い。

家族埋葬タイプ
複数の骨壺を納められる大きさの納骨室が設けられているもの。樹木葬にはしたいけど、配偶者や家族と一緒に納骨されたいと考えている人に向いている。

樹木葬のメリット

      1. 一般的なお墓より価格が安価
        樹木葬は墓石を建てる必要がない分、普通のお墓に比べて安価です。
        個別納骨できるタイプや、家族納骨タイプは、専用スペースが多かったり、銘板が付けられたりするので、散骨タイプや合祀タイプより価格が高くなります。
      2. お参り時の掃除が不要
        樹木葬の場合は、お参りする場所は共用なので、利用者が掃除をすべき場所がありません。よって、お墓参りの時に掃除をする必要がありません。
      3. お墓の承継者がいらない
        樹木葬は、一人ではいるのであれ、複数で入れるものであれ、後継者を必要としていません。埋葬されたあとは、経営主体のお寺の祭祀により供養が行われます。独身の方や、お子様のいない方など、お墓の後継ぎがいない方に最適です。


樹木葬のデメリット
樹木葬の場合、どこに誰が埋葬されているか分かりにくい

        1. 埋葬されている場所が分からなくなる場合がある
          樹木葬のなかでも、里山タイプや合祀タイプ、骨壺のまま納骨するタイプでも納骨室に区切りがないものは、どこに遺骨が埋葬されているか分からなくなるので、お参りする人が戸惑う可能性があります。埋葬後、お参りする人があるのなら、納骨室に区切りがあり、納骨場所に銘板が設置されるものにする方が良いでしょう。
        2. 参拝場所が共用なので、お花やお供え物を自由にできない場合がある 樹木葬は、参拝場所が決まっているとこが多く、そこにはお供え物やお花を置くことはできても、お参りが終わったらそのままお供えすることはできないことが多いです。
        3. お参り環境は天候や気温に左右される 樹木葬は屋外にあるので、お参りするときの現地の天候や気温によっては、快適にお参りができないときもあります。
        4. 埋葬方法によっては、遺骨を取り出せないことがある。 里山タイプ・合祀タイプのように遺骨を骨壺から取り出し散骨、または自然に還る素材の袋に入れて埋葬してしまう場合、遺骨を取り出すことはできません。また、骨壺のまま納骨する樹木葬であっても、納骨期間が決まっているのであれば、遺骨は合祀されることに注意しておきましょう。


樹木葬選びのポイント

樹木葬を選ぶ際には、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

          • 後継ぎがいるか

            お墓の後継ぎがいる場合、将来的に墓じまいを考えることもあり得ますし、お墓の移動をすることも考えられます。その際に樹木葬を選んでいると、上記のように遺骨を取り出せない可能性もあるのです。

            また、後継ぎがいるのであれば、法要もきちんと執り行う可能性があります。法要施設が充実していた方が親切でしょう。

          • お墓をお参りする人がいるか
          • 樹木葬の墓地は、都市部の寺墓地や霊園から、里山まで、さまざまな場所にあります。お参りする人がいる場合は、アクセスの良い寺院の境内地に作られた樹木葬や、霊園の一角に作られた樹木葬などの立地が良く、お参りしやすいところを選んだ方が良いでしょう。

          • 宗旨宗派へのこだわりがあるか
          • 樹木葬は永代供養を約束しているところが大半で、その多くは経営主体の宗派の作法に則った供養を行います。永代供養をしてもらえるのであれば他宗派の作法でも問題ないか、自分の菩提寺と同じ宗派の作法で供養してもらいたいかを考えておくと良いでしょう。

「樹木葬」と一口にいっても、形も埋葬の仕方もいろいろあります。自分にとって最適な終の住処ですから、しっかりと検討して納得のいく理想の樹木葬を選びたいものですね。

関連キーワード

特集

特集

墓じまいとは

墓じまいとは、これまでに利用していた墓地から遺骨を取り出し、墓石や外柵を撤去して更地に戻し、墓地管理者に返還することを言います。

ニュース

最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

最新記事

イベント情報

セミナー

09月10日(火)開催