カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. お墓
  3. 墓じまい
  4. 墓じまいする前に決める!遺骨の移動先

墓じまいする前に決める!遺骨の移動先

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「墓じまいとは」でもお伝えしたとおり、改葬許可申請書には、遺骨の移し先を記載しなければなりません。つまり、墓じまいの最初のステップは、「新しいお墓を契約する」なのです。

遺骨を移す先の選択肢として上がるのは、寺院墓地・民営霊園・納骨堂・樹木葬です。

今回は、それぞれの特徴をご紹介いたします。

 

 

 

 

寺院墓地

寺院墓地とは、寺院が、寺の敷地内(境内)に設けている墓地のことです。基本的に、当該寺院の檀信徒でなければ入ることができません。そのため、希望する墓地が寺院墓地である場合には、これまで利用していたお寺と同じ宗派か確認する必要があります。もし異なるのであれば、改宗が必要です。

また、寺院墓地を利用する=檀家になる、ということですので、お寺とのお付き合いを密にし、しっかりとした供養をしてほしいと考える方に向いているといえるでしょう。

 てらぼち.jpg

 

民営霊園

民営霊園は、宗教法人または霊園運営を目的とした公益法人によって運営される霊園です。民営霊園は、宗教法人が運営しているか、公益法人が運営しているかにより、利用資格に若干の違いがあります。

まず、公益法人の運営する霊園であれば、利用者の宗旨宗派は一切問われず、仏教徒以外の宗教の信者でも、無宗教でも利用可能です。しかし、宗教法人が経営主体である場合、その宗教法人の方針により、具体的な利用条件は異なる場合があります。

また、購入の際には宗旨宗派不問であっても、園内での建墓や法事に制約がある場合も。お墓選びの際には、利用資格はよく確認した方が、後々安心です。

 そとぼち.jpg

 

納骨堂

納骨堂とは、寺院の中にある遺骨安置施設です。納骨期間が定められているところもあれば、お墓同様に、管理費を払い続ける限り利用可能なところ、納骨期限を区切って納骨し、期間が過ぎると合祀墓に移し永代供養するところもあります。

納骨の形式もロッカーのような納骨壇に骨壺を納めるもの、祭壇の下に遺骨を納めるもの、引出氏の中に遺骨を納めるもの、東京都港区の赤坂一ツ木陵苑のように専用の参拝口に、骨壺が入った厨子が運ばれてきてお参りができるものなど、さまざまな形式があります。

利用資格に関しては、寺院墓地同様経営主体次第なので、よく確認した方が良いでしょう。

 のうこつどう.jpg

 

永代供養墓

永代供養墓とは、経営主体が永代に亘り故人様を供養することを約束したお墓です。お墓の後継ぎがいなくても購入することができるので、お墓の後継ぎがいなくて墓じまいをする方、また供養の負担を子供達にさせたくない方に向いているお墓と言えます。

モニュメントが設置された大型の納骨室に骨壺を納めるタイプに加え、最近では複数の骨壺を納められるように納骨室が区切られているものもあります。

納骨期限も13年・33年・50年など複数あります。中には、納骨したら合祀されず、ずっと同じ納骨室を利用できるものもあります。

 

 

樹木葬

樹木葬とは、樹木をシンボルとし、その周囲に埋葬するものです。樹木葬は、亡くなった後は自然に還りたいという方の間で人気がありますが、最近は樹木をシンボルとして植樹し、その周りに石造りの納骨室を設けている集合墓タイプのものも増えてきています。「実物を見たら、想像していたのとは違った」とならないよう、現地視察はした方が良いでしょう。

なお、永代供養墓同様、後継者がいなくても購入できます。

 じゅもくそう.jpg

 

公営霊園は?

あれ、公営霊園は?とお思いになる方もいらっしゃることでしょう。実は、公営霊園の場合は、自治体、また募集する施設によって、一度埋葬された遺骨を移すことが出来るところと出来ないところがあるのです。

たとえば、都営霊園の場合、「一度も埋葬したことがない遺骨」が自宅や一時安置施設にある人でなければ申し込みはできないとしている施設は、改葬遺骨の納骨はできません。公営霊園への改葬を考えているのであれば、条件をよく読んで準備をした方が良いでしょう。

なお、公営霊園は募集期間が決まっており、かつ希望の施設の募集が毎年あるとは限らないうえ、人気のある施設は抽選になることもあります。できるだけ早いうちに改葬をしたいと思うのであれば、公営霊園以外での改葬を検討した方が良いでしょう。

関連キーワード

特集

特集

墓じまいとは

墓じまいとは、これまでに利用していた墓地から遺骨を取り出し、墓石や外柵を撤去して更地に戻し、墓地管理者に返還することを言います。

ニュース

最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

最新記事

イベント情報

セミナー

09月10日(火)開催