カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. 法事
  3. 法事って何のために執り行うの?

法事って何のために執り行うの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法事は、葬儀よりも参加した回数は多くても、その意味が今一つ分からない、というものではないでしょうか。 今回は、名前は知っているけれど、分からないことも多い「法事」についてご紹介いたします。

 

 

 

 

法事とは

法事とは、葬儀が終わった後に執り行う仏教の儀式のことです。一般的には、儀式を法要、その後のお齋(食事)を含めた行事を法事と呼びます。 仏教における法要は、初七日法要から始まり、四十九日まで七日ごとに執り行われる法要、月命日の法要、百箇日法要、そして年忌法要と続いていきますが、最近では初七日法要を火葬後に行ったら、一か月半ほど経ったころに四十九日法要を執り行い、それ以後は年忌法要を行うのが一般的です。 法事は故人様のために執り行われるものであるとともに、列席する遺族が、法要の度に仏教に触れ、親族と交流する中で、死を受け入れ、心の整理をつけていくプロセスであると言えます。

 

 

初七日法要

葬儀後、はじめて執り行う法事がこの初七日法要です。故人は亡くなってから7日目に三途の川に到着し、激流・急流・緩流とあるなかで、どの流れを渡るか裁かれると言われています。初七日法要では故人がこの中で緩流を渡れるよう祈ります。 最近では、葬儀当日に、火葬後に初七日法要を執り行うことが多くなってきています。これは、親族が短期間に何度も法事のために集まるのが負担だから、という理由が大きいのですが、首都圏の火葬炉の予約が取りづらい地域では、亡くなってから4~5日待たなければ葬儀ができないので、葬儀と同じ日に初七日法要を行うのは、結果的に仏教のきまりに従っていますね。

 

 

四十九日法要

四十九日法要は、逝去後49日経過した頃に執り行う法要です。仏教では逝去から49日経った日をもって故人が成仏するとされていることから、最も重要な法要です。遺族にとっても、この日で忌明けとなることから、一つの大きな区切りとなります。 この日は、遺族だけではなく親族や友人も列席し、読経の後、皆で焼香をします。 なお、四十九日法要の日にお墓への納骨を希望される人が多いのですが、必ず四十九日で納骨をしなければならないわけではありません。

 

 

年忌法要

一年後の命日に執り行うのが、一周忌です。その後は、三と七のつく回忌に法要を行います。 法事回忌の法要を行う年は一周忌のみ亡くなった年の翌年に執り行い(年は満で数える)、三回忌以降は、数えで回数をを数えます。 七回忌あたりから、規模を縮小していくのが一般的です。

 

 

年忌法要の終わり

三と七のつく回忌に法要を行う、と上にありますが、宗派の開祖でもないかぎり、年忌法要には区切りがあります。その最後の年忌法要のことを「弔い上げ」といいます。 弔い上げをもって、 弔い上げとする年忌は、宗派によっても異なりますが、仏教では亡くなって32年経つと、全ての人の生きている間に行った罪が無罪放免となり、極楽浄土に行けると言われていることから、三十三回忌にて弔い上げとすることが多かったのですが、近年は供養の簡素化が進んでいることから、もっと短期間で弔い上げにすることもあります。 定期的に行われる家の行事、としてとらえている人も少なくないであろう法事ですが、実はこのような意味があるのです。次、法事に参加するときには、ここに書かれている意味を思い出してもらえたら幸いです。

関連キーワード

特集

特集

墓じまいとは

墓じまいとは、これまでに利用していた墓地から遺骨を取り出し、墓石や外柵を撤去して更地に戻し、墓地管理者に返還することを言います。

ニュース

最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

最新記事

イベント情報

セミナー

09月10日(火)開催